自分の好みだけではダメ?夏用ファッションを選ぶポイント


熱対策に繋がる色選び

流行の取入れやオリジナリティの追及などファッションの選び方は人によって異なりますが、夏場の服選びで重要となるのが色です。色の中には環境の影響を受けやすい物も多くあります。特に黒は熱を吸収しやすいという特性を持っているため気温が高い夏場に黒を選ぶと体感温度が高くなるので注意が必要です。また、暗い色は重い印象を与えてしまうので全身を黒のコーデにしてしまうとより暑苦しい印象を与えかねません。逆に白を始めとした薄い色は吸収を抑えることができる上に爽やかな印象になります。夏場を快適に過ごすためには、色にこだわることが大切です。

発汗対策に繋がる素材選び

平均気温が高めで外出時に汗をかきやすい夏場は服の素材選びも重要なポイントになります。いくつかある服の素材の中でも優れているのがリネン素材です。リネンは通気性と吸水性に優れた素材で風を効率良く取り込んで体感温度を下げる効果が期待できます。体から出た汗も服が吸収してくれるので発汗による不快指数の上昇も抑えることが可能です。

このリネンと並ぶ夏向きの素材の一つにコットンがあります。柔らかさと肌触りの良さが魅力のコットンは着心地が抜群で暑い夏でも快適に過ごせるのが特徴です。湿度の発散にも優れているため、汗を服が吸収して外に逃がしてくれるという特性もあります。そのほか、軽さと滑らかさに定評があるレーヨンも夏向きの素材の一つです。レーヨンは肌と接触すると冷たさを感じる特性があるので暑さを和らげることができます。

ニコチンリキッドを手軽に手に入れたいのなら、オンライン通販を利用してみるという方法があります。様々なフレーバーのリキッドを、手軽にお取り寄せすることができます。